技術士さいたま

2013年04月09日

ものづくり補助金申請書作成ノウハウ 2/2

全国中小企業団体中央会
「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援事業」の公募を開始しました(25年3月15日)
第二次締め切り:平成25年4月15日(月) 【当日消印有効】

補助金申請

ものづくり補助金申請書作成ノウハウ 1/2からの続き

6 自社だけでなく、様々な企業や団体・専門家などと、連携・協力して進めていることを大げさにPRしてください。
 最近時は、1社技術だけでなく、数社の技術を組み合わせたハイブリッド的な商品技術を重視している傾向にあります。
 連携・協力して推進し、自社がリーダー的に引っ張ってゆくようなニュアンスにしたほうが良いと思います。



7 世の中の開発された新製品は、99%以上が事業化に失敗しております。売れないからです。
 従って販売戦略を絡めた企画であることが、事業成功のためにも必要です。
 販売戦略の要はマーケティングミックス、あるいはマーケティングの4Pと呼ばれるものが中心です。



8 ・4Pを考える

 ・Product:商品そのもの。
 特に顧客目線での商品コンセプトがしっかりしていること。
 次に商品の機能品質や製造品質がしっかりしていること。
 その商品と関連する競合商品などの世の中の経済的な環境も把握し、対策も事前に打ってあることも必要です。
 自社の技術を世の中に問うような、昔よくあったパターンの自社目線的姿勢は、たいてい失敗します。

 ・Price:販売価格:商品に対し、札束をにぎり並ぶほどの価格的魅力があること。
 但し安売りではなく、高価格設定領域であること。
 最初は少量生産・少量販売からスタートしますが、それでも利益が上がること。
 販売価格の1/10程度に製造原価を抑えることが平均的な基本です。

 ・Place:販売経路:問屋、商社、小売店や最近ではネット販売など、販売経路と販売量をある程度予測していること。
 その根拠も簡単に記述しておくこと。

 ・Promotion:広告・宣伝。自社商品を広く世の中や顧客に知らしめること。
 知らなければ買いません。
 問屋や小売店は、新商品の販促活動は絶対と言っていいほどやりません。
 売れるとわかったら、先を争って仕入れてくれます。
 顔見知りでもあれば、せいぜい短期間、置いてくれるだけです。
 自助努力で販促をやることが基本です。


9 以上の4Pは大手企業でも不十分です。
 4Pを事前に十分検証しSED連携開発を行っている自動車でさえも、本当に予想以上売れるのは1/10以下と思います。
 中小企業では成功例は本当に少ないです。
 事業の成功は大変難しいということです。
 従ってGS法人の出番がここにあると思っております。
 GS法人の専門家は万能ではありませんが、企業の現場に入り、手を汚し汗をかき、時には涙を流しながら企業と共に研究し、支援いたします。
 決してかっこの良い支援ではないかも知れませんが。
 国は、事業として発展してゆく案件や企業を支援したいのです。


10 市場の大きさ(対象とする顧客の数)を、公的な統計データから導き出した経緯を記述すること。
 データ内容や経緯が本当に正しいかどうかではなく、マーケットの大きさを統計データから導き出しているという姿勢・事実が大切です。


 以上のことを頭の片隅に置きながら、申請書を作ってください。

--------------------------------------------
ものづくり補助金申請書作成ノウハウ 2/2
--------------------------------------------

技術士事務所 コンサルテック 所長
GS法人理事長 中村憲雄

┌─────────────────────
 一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 )
  http://gs-ipanshadan.jp/

posted by GS法人 at 15:48 | Comment(0) | 補助金

2012年07月16日

埼玉県 事業者向け 補助金制度

埼玉県次世代産業参入支援事業費補助
埼玉県民間事業者CO2削減・太陽光発電設備導入補助金
埼玉県産業立地促進補助金
 
タグ:補助金
posted by GS法人 at 11:45 | Comment(0) | 補助金
カテゴリ
最近の記事



Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.