技術士さいたま

2014年05月04日

GSメルマガ 「領収書に収入印紙が必要な金額は5万円以上になっています。」

┌┬───────────────────────
├┼┐
│└┼┐ 日本を元気にGSメルマガ (GS法人)
│ └┼┐
└──┴┴──────── http://gs-ipanshadan.jp/

さわやかな5月のゴールデンウイーク
いかがお過ごしでしょうか。
ちょっとお得な情報です。

4月からの消費税値上げは周知されていますが、ひっそり?と
収入印紙が不要になる領収書があることを知っていますか?

今までは、3万円以上の領収書には、200円の収入印紙を貼って、消
印する必要がありました。

これが、印紙税法の改正により、5万円以上になりました。
2014年4月1日からです。

後で気づいて悔しい思いをしないようにしたいものです。
┌───────────────────────
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 )
http://gs-ipanshadan.jp/

posted by GS法人 at 14:12 | Comment(0) | GSメルマガ

2013年10月12日

GSメルマガ 「最近の活動から」

┌┬─────────────
├┼┐
│└┼┐日本を元気にGSメルマ (GS法人)
│ └┼┐
└──┴┴─────

--------------------------
最近の活動から
---------------------------
*今年は彼岸を過ぎても残暑どころか、猛暑が続きます。
まさに「猛残暑」ですが、あとわずかでしょう。

この暑さですが、寒い時には逆に欲しくなります。
人間の適温の狭さに思い知らされます。

機械も、実は温度変化にはとても弱い存在です。
スーパーコンピューターは、装置の大半が冷却装置になります。
今流行りのLED電球も、冷やせばさらに明るく灯せます。

太陽電池パネルでさえ、夏より冬の方が電気をよく起こすと、
住宅に設置している方が言います。

熱は工場排熱として、多大なエネルギーが無駄になっている。
木廃材は、多額の経費をかけて償却処理しているが熱利用されない。
---------------------------

そんな熱に着目して、新たな創造ができないか。
ビジネスになるものがないかと、GS法人のプロジェクトが活動しています。

スターリングエンジン、ペルチェ素子
これらは熱を使って動力や、電気を発生させます。

「いやー 数十年も大企業が研究しているが、ものにならない。」
「我々は、もっと素朴な機械を作れば良いのだ。」
「発展途上の国でも採用できるような。」
「どんな熱でも使えるし。」
「大学でも研究はやめている。」
「やってみなければわからない。」

そんな議論の中で、別の全く異なる発想を出す人がいます。
「それはおもしろいね。」
「ペルチェはやめよう。」
「始めたことは、結論が必要。 独自の実験はしよう。」

熱の本質に精通している人もいて、話を聞くと興味深い話がでます。
「熱というが、マイナスの温度も熱であって、赤外線が出ている。」
「トンネルに入るとひんやり感ずるのは、
マイナス温度の赤外線が、直接人体の骨に達するからだ。」

---------------------------------------
技術者たちの話は、独特かもしれません。
しかも、それをビジネスになるかどうかを基準にしている点が、GS法人の主眼
学者の研究とも、ちょっと違います。

「今日の話し合いは面白かった。」
そんな独り言がよく聞こえてきます。

二次会の席で酒が入ると、また盛り上がります。

「失われた20年。 日本を良くするためには 」
そんな言葉が、違和感なく出る話し合いは、ちょっとすごいかも。

ペルチェ素子(WIKI)

GS法人 Yazawa

┌────────────
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 )
http://gs-ipanshadan.jp/
タグ:メルマガ
posted by GS法人 at 04:49 | Comment(0) | GSメルマガ

2013年04月08日

GSメルマ 「 ものづくり補助金申請書作成ノウハウ 1/2 」

┌┬────────────────────
├┼┐
│└┼┐  日本を元気にメルマガ (GS法人)
│  └┼┐
└──┴┴────http://gs-ipanshadan.jp/

モノづくり補助金申請書は、誰でも簡単に作成はできますが、
中身により採択のハードルは結構高いです。

下記に申請書作りの注意点をノウハウも含めて2回に分けて、
まとめてみました。

 補助金申請に関心のある方には、参考になるかと思います。


1 審査官は審査作業そのものには慣れておりますが、申請
側の技術は幅広く、審査官は必ずしも理解万能ではありませ
ん。
 従って難しい専門用語はできるだけ避け、わかりやすい表
現を心掛けてください。

2 審査官は短時間で数多くの申請書を読み、瞬時に判断し
なければなりません。
 ナナメ読みをすると考えたほうが良さそうです。
 わからなければ飛ばします。
 振り返ることはあまりありません。
 落としても良さそうな低レベル案件をできるだけ早く選び
たいのです。
 残った良さそうな案件を早く選び、再度検証するグループ
に分けておきます。

3 わかりやすい文章構成が必要です。
 1つの文章は短くし、箇条書きが良いと思います。
 句読点を有効に使ってください。
 文章は少な目に、表やグラフ、写真、絵などを多用してく
ださい。


4 技術的なポイントを明確にすること。
 何が差別化できる特別なシーズなのか。
 予備の試作テストで確認したことなど、その技術をクリア
した経緯も記述すること。


5 タイトルは、今はやりの国の方針に沿っていることなど
をちりばめ、できるだけインパクトがある表現にします。
 他の案件との差別化はここから始まります。
 例えば環境・省エネ・健康などのはやり用語に関連させる
こと。
 ほとんどの場合タイトルを見て、どの程度の中身であるか
を、直感的に見られてしまいます。


--------------------------------------------
ものづくり補助金申請書作成ノウハウ 2/2に続く ⇒
--------------------------------------------


技術士事務所 コンサルテック 所長
GS法人理事長 中村憲雄
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 )
 http://gs-ipanshadan.jp/


GSメルマガ

お名前
メールアドレス

タグ:補助金
posted by GS法人 at 22:36 | Comment(0) | GSメルマガ

2013年01月31日

GS法人メルマガ:(1)GS法人はユニーク人物の集団体

┌┬───────────────
├┼┐
│└┼┐  日本を元気にメルマガ (GS法人)
│ └┼┐
└──┴┴───────────── http://gs-ipanshadan.jp/
    
 
GS法人は、一人一人が独立した人の集まりです。
 
 そこには普通の会社のような指示命令系統がありません。
 日本を良くしようという侍が理想に燃えて集合したような組織?
 かもしれません。
 力を寄せ合えばこそできることがある。 
 
 だからといって、
  会員みなさんがすべて卓越した能力を持っているわけではありません。
 それどころか、
  誰がどういう能力を持っているのかさえ、実は知りません。
 
 とにかく、
  何かをやってみたいという気持ちだけでできた集団かもしれません。
 
 だから斬新なアイデアも出ます。
 
 前回の運営委員会では、ユニークな私募債を実際に募りました。
 
 日本を良くするには、技術だけではないということを知らされます。
 
 そんな気付きを与え合う場かもしれません。
 
 
 

 一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 )
        http://gs-ipanshadan.jp/
 
 
posted by GS法人 at 00:23 | Comment(0) | GSメルマガ
カテゴリ
最近の記事



Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.