技術士さいたま

2014年01月13日

ネットバンクへのログイン偽メール(フィッシング詐欺)が来ました。

ネットや新聞などの情報によると、銀行のホームページを装ってIDとパスワードを盗みとられる詐欺(なりすまし。フィッシング)が横行しているように思えます。

でも、自分の経験ではそのようなメールはなく実態は不明でした。

それが、昨日、当GS法人のメールアドレス宛てに怪しげなメールが届きました。

メールタイトル

あれ? この銀行には口座が無いはず。

メール

「システムのアップグレード作業をしたので、アカウントの確認をしてください」との内容です。

メールソフトの警告に「詐欺メールの可能性があります」と出ているので、緊張します。

良く見ると差出人メールアドレスが @yahoo.comになっています。
いわゆるフリーメール(無料メールアドレス)です。
これが有名なフィッシング詐欺だとすぐに感じました。

ただ恐れて消したのでは、学習ができません。
自分はネットバンクを10年来使用しているので危険な行為はわかっているつもりです。
この際参考のために、手口を少し研究してみます。

-------------------------------
メールで指定された確認先のアドレスと本物とを比較してみます。

偽サイト
http://bk.mufg.jp.nii.cn.com/ibg/dfw/APLIN/loginib/login.htm?_TRANID=AA000_001

本物
https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001

似たようなアドレス(URL)を指定していますが、偽サイトのドメイン(番地)はcn.com(シーエヌコム)、本物は.jp(ドットジェイピー)です。

もうこれだけで、偽物は中国のサイトだとわかります。(だからといって中国人が作成したとは言えません。)

偽の入力画面

実際に開いてみました。
どうみても全くの本物です。 (コピーしたのでしょう。)

image 

偽サイト

image

本物

わずかにファビコン(アドレスの頭部の印像)の表示が違う程度です。
これもまねようとすれば真似られるので、判断基準にはなりません。

------------------------
すぐにID(アイディー)とパスワードを求められます。
しかし、これでどうするのでしょう。

最近はIDとパスワードだけでは送金指示をだせません。
口座残高などは見られますが。

そこで、IDとパスワードを入れてみました。
もちろん、実際の口座を持っているわけではないので、でたらめの数字を入れてみます。

普通はここで、「口座がありません。またはパスワードが違っています」などとなって、進めないはずです。

ところが、でたらめの数字でも次の画面に入れます。

乱数入力

乱数表の一行目を全部入れてくださいとの指示

2行目

一行目を入れると、二行目を要求されました。

つまり、乱数表全部を盗み取ろうとしています。
これを全部入れれば送金指示もできてしまいます。

-------------------
ここで手口はわかりましたので、研究をやめます。

なるほど。
巧妙です。

それでも普通はだまされないと思います。
ですが、ネットバンクに慣れていなかったり、たまたま新規申し込みをしていた場合などには騙(だま)されてしまうこともあり得ます。

本物のサイトにも、この種の手口が横行していますとの注意がされています。

詐欺に注意


知らなかったでは後の祭りです。
知っているだけで被害を防ぐことができます。

-----------------------

自分は大丈夫でも、他人や家族のネット利用が心配ということもあるでしょう。

そういう場合に安心できる手段としてセキュリティートークンがあります。


ウィキペディア「セキュリティートークン」より。

送金の際には、トークンに表示される数字を入力しないと実行がされません。

このトークンは、個人IDと、電波受信した標準時刻などから特定の数字を作成します。 (電池が無くなるころに交換されます。)
(訂正:2014.02.03 電波は受けていないようです。 電池には余裕があるうちに表示がとまります。)

ネットバンク利用の際には、このような物理的対策が有効だと思います。
image 
自分の所有するトークン (5p程度)

参考サイト:

みずほ銀行:2. 「フィッシング詐欺」に遭わないためには?
フィッシングやなりすましメール・スパイウェアにご注意−ゆうちょ銀行

----------------------

 GS法人ブログ  k.yazawa

 


2014.02.03追記

image

http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2014_0201.html
NHK
NEWS WEB 2014.02.01

フィッシング詐欺過去最多 より
・「会員番号などの確認を求める電子メールは偽物である」と疑ってかかる。
・メール内の電話番号で確認しない。
・パスワードが漏れましたなどと心理を付く。
・本物は公式ホームページに必ず情報が出ている。

本当に増えているようです。

posted by GS法人 at 11:37 | Comment(4) | 情報

2013年11月25日

江戸っ子1号 深海探査成功 すばらしいですね。

下町の技術の粋を見せようと活動していた町工場グループによるプロジェクト。
このたび、開発した海底探査機「江戸っ子1号」で、8000m付近の深海の撮影に成功という報道がありました。

深度4000m付近と深度8000m付近とに、に計3台を投入。
すべて成功し、鮮明な映像を3Dビデオカメラに収めたそうです。

ご成功おめでとうございます。

本体は、基本的にガラスによる球体とし、保護筐体で覆ったシンプルなもののようです。
image
本体部分のガラス球体 原創船所のブログより

深海探査機器として普通に開発すれば、数億円するところを、3000万円ほどで完成させたそうです。
image
2013.11.25テレビ朝日モーニングバードより

ガラス球体は、小指の爪ほどの面積に軽自動車が乗るほどの圧力にも耐えるよう設計されているということです。
まさに前人未到の偉業を成し遂げるには、相当な工夫、精度確保、品質管理などに加え、失敗は許されないという心労があったものと思量致します。

image
海洋研究開発機構提供ビデオに見る、回収時の様子 朝日新聞デジタルより

今後はさらに深度1万メートル以上の海底をめざすそうです。
期待して注目させていただきます。


なお、販売目標としては、1000万円/台 を考えているようです。(朝日新聞デジタル
海洋関係の研究機関等から引き合いがあるのでしょうか。
ヨットを所有するような個人の方が趣味で購入するかもしれませんね。

レアアースやメタンハイドレートで注目される海底資源の開発用途としても期待されているようです。(関東財務局 経済調査レポート

また、この深度での鮮明な3Dカメラ撮影は例が無いということで、生物学等、学術的な注目も集めているようです。

テレビ放送で、コメンテーターが言うには、深度計が付いていないそうです。 このため、今回の成果は公式記録にはならないかもしれないということです。
経費節減のためということらしいですが、簡易的な深度計を考えることも面白そうです。

たとえば、一緒にカップヌードルの容器を着けて沈めています。
この容器が、ミニチュアのように縮んでいるのですが、この原理を利用して、メモリ(目盛)枠内に、不可逆的に縮む物質を付けておけば、簡易の最高深度計になりそうです。
あるいは、握力計のような震度計も簡易に作れそうです。

その程度のことはすでに考案済みでしょうが。

今回の町工場での成功報道は、いろいろと創造力を刺激されるニュースでした。


開発経緯の参考:

「江戸っ子1号」公式ホームページ http://edokko1.jp


 

image

youtube 本格始動から4ヵ月 深海探査艇「江戸っ子1号」プロジェクト

「挫折はしょっちゅう あきらめない、夢を捨てないという思い入れ」という開発者の言が印象に残ります。


知財関連:
IPDL(特許電子図書館)で簡単に調べると、
「 江戸っ子1号 」は、2013年5月に海底探査装置などを指定商品として商標登録出願されています。

特許も出願公開されています。
完全な密閉球体内に撮影装置などを格納し、外部との連絡・給電は誘導等の無線方式で行うようです。

image
特開2012-245944 図3より

 

GS法人 Yazawa
┌─────────────────────
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 )
http://gs-ipanshadan.jp/

posted by GS法人 at 11:17 | Comment(1) | 情報

2013年11月17日

行きつけの吉野家が閉店でがっかり

時々牛丼が食べたくなります。
今夜も近くにいろいろな店があったけれど、遠回りしていつもの吉野家へ行こう。
帰りにはコンビニでビールを買ってゆこう。

そう行動を計算しながら歩く、あれ。 通り過ぎた?
image
えー? この辺だけれど。
オレンジ色の看板が無い。
まるで、昔から何もなかったような気配

しかし、寄ってみると閉店でした。

チェーン店は開店、閉店の新陳代謝があたりまえの世界だとは思っていましたが、いざ自分の行動範囲に実際に適用されると、ショックがあります。

今日の夕飯どうしよう。 という実感も加わりますし。

吉野家さんには、いろいろな思い出もあります。
企業としての盛衰にも興味深いものがあります。

何より好きなのは、頑固さ、一徹さ。
他は真似しない。 味は変えない。
この姿勢は、これからも見習えるものだと思っています。

自分もそうありたい。

BSE(狂牛病)問題で米国産牛肉が入らなかったとき、豪州(オーストラリア)産に替えないどころか、牛丼の販売をやめてしまうという選択。

券売機はかたくなに導入しない。

好きですね、そういう姿勢は。

今は、牛丼1杯280円なんて信じられない低価格で、しかもおいしい。
個人的には並盛800円くらいでも良いと思っています。

吉野家牛丼は安くなっても全く質が落ちないし本当においしい。

夏には、ビール祭りとかで、ビールが260円(位)
写真を見たら、グラスだったので、「あー瓶ビールから少なくして安くしたんだ。 」
image
  これで600円 おいしいです。

そう思いながらいつもの瓶ビール、おしんこ、並盛で料金を払うと、600円 。
「えー 間違いじゃないの」と聞くと、 ビール祭りだからといいます。

なんだ、瓶が260円なのか。 写真を瓶にすれば良いのに、グラスの写真だから別だと思いました。なんで宣伝しないのだろう。

--------------------

新聞を読むと、思うように利益が出ていないようです。
宣伝費が大きな負担なのだろうと思います。

いくらデフレだからと言っても、瓶ビールと牛丼とで540円は安すぎます。
ラーメン屋だって1200円くらいです。 牛丼も同程度で良いはずです。

------------------------
帰宅して、吉野家のクーポンがあったことに気づきました。
image

そして、その日付(有効期限)に目がゆきました。
2013年11月10日(日)夜12時まで。

店の掲示には11月11日をもって閉店と記されていました。
きっと、日曜の夜中に看板をあっというまに外したんでしょうね。
引き際でも手を抜いていませんね。

こういう消費者を裏切らない行為(誠実な配慮)は、忘れませんから。
-------------------

image 
吉野家の牛丼でアタマの大盛りあるそうです。
肉が大盛りでごはんは並盛だそうです。
380円 これも安すぎです。


image
ロース豚丼 十勝仕立て 小盛 (食べた時の写真)
これも相当高水準の味だと思います。
  肉に厚みが感じられます。

こんなに良い製品を世に出しながら、なんで閉店
  本当に価格設定の難しさを感じます。

行かないと、閉店しますよ。
消費行動しましょう。

k.yazawa

posted by GS法人 at 07:11 | Comment(2) | 情報

2013年11月06日

GS法人ニュース

image4 2013年11月8日(金)-10日 (日)

埼玉新都心駅おりて 改札出て左へ3分
スーパーアリーナの特設会場です。
 
image
 
GF法人は4ブースを借りて、いろいろなものを出展しています。
おみやげがあるかも。
今回は展示したいものが入りきらないで困っています。
 
外のけやき並木では屋台が出ていて、さわやかな昼食ができますよ。
入場無料ですから散歩気分で見に来てくださいね。
posted by GS法人 at 14:38 | Comment(0) | 情報

2013年04月02日

春日部経営者シリーズ 創業支援ルーム情報交換会&交流会のお知らせ。

先日、GS法人の講演でお世話なった、春日部機械金属工業協同組合の会員様が、自ら新事業のご講演を行うとの連絡をいただきました。
当、会員様は本GS法人においてご支援させていただいておりますので、ご紹介させていただきます。


創業支援ルーム パンフレットより一部を引用
春日部市 東部地域振興ふれあい拠点施設講演
春日部経営者シリーズ 第2弾!
「出来るわけないと思って、ここまで来た!」
講師:有限会社吾嬬製作所 代表取締役 坂口哲男様
《第10回創業支援ルーム情報交換会&交流会のお知らせ》
経営者シリーズ第2弾として創業56年の吾嬬製作所の坂口社長のご講演とさせていただきます。
坂口社長は知財に関する新事業にチャレンジされて「燃え残りしない線香立て」を発明し、特許・実用新案を出願されています。
是非、お知り合いの方もお誘い合わせのうえ、ご参加頂けますよう宜しくお願いします。
《情報交換会》
4月26日(金)15:00〜17:00 創業支援ルーム共用室にて


東部地域振興ふれあい拠点施設 ご紹介

春日部市 東部地域振興ふれあい拠点施設
春日部市 東部地域振興ふれあい拠点施設
紹介ビデオより。

5つのキーワード
森「都市を新しい森にする」
水「地下水で空調・無駄なく利用」
光「太陽の光を利用する」太陽光・太陽熱
熱「地中の熱を利用する」15度Cで安定した温度を利用
人「いつも人が集いにぎあう」
 
創業支援ルームは、平成23年11月に完成したばかりの、すばらしい施設です。
東武伊勢崎線 春日部駅徒歩4分

 



GS法人 Yazawa

posted by GS法人 at 21:40 | Comment(0) | 情報
カテゴリ
最近の記事



Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.