技術士さいたま

2014年01月15日

奄美大島 (18)

131105_1245~001.jpg

水中メガネとシュノーケルに足ヒレ。
これさえあればもう「お魚になったワ・タ・シ」である。
いや「ジャック・マイヨール」で潜水開始だっ!

シマシマや黄色、オレンジ、青、緑、小ぶりな熱帯魚がウジャウジャだ。回りじゅう皆、ペットショップで立派な定価が付いてるヤツらが泳ぎ廻っている!
魚も南方系のせいか、近付いてもあまり逃げない。言ってみれば「奄美ん魚」というところか(笑)。

気分はマイヨールだが、動きに無駄があり、何となく海に対し緊張感を持ち泳いでいる為かあっという間にあえなく息切れっ、浮上。
何度か潜水チャレンジの後、プカプカ極楽シュノーケリングに転向。 これでも充分、海中は良く見渡せる。

近くのS也を見ると、形は水泳選手のように美しくはないが、なるほど無駄の無い、力の抜けた自然な泳ぎである。
半日泳いでいられるというのも頷ける。
片やT彦を見ると、形の良いお尻をフロートのように海面に浮かせて、くの字形ではあるがちゃんと海中の景色を堪能しているようだ。

そんな時、砂浜の方で人の気配が。それも、かなり大勢の気配だ! オイオイ、散々待たせて焦らして気を揉ませておいて、いよいよピチピチギャルがウジャウジャ、ワンサカワンサ♪登場か?
(ノ^^)八(^^ )ノ
〜☆★☆★☆〜

何故かここで記憶は突然途切れ、何十年分もの思い出と融合し莫大な塊となって私を構成している筈であるが、一瞬にも満たない過去の澱と化している。
さしたることを成すでもない、ゆったりと流れているような取るに足らない日常の連続ではあるが、その実猛烈なスピードで過ぎ去り続ける今を無駄にする事なく、過ぎ去り続ける自分を意識して生きなければならないと思う。

この先は何時かまた、思い出した時に必ずや書いてみたいと思う。 その折は、また拙文にお付き合いの程宜しくお願いするところであります。
m(_ _)m

でも、明日思い出すかもヨ! (笑)

by  あの頃と脳味噌は同程度のままの独楽助!

【奄美大島の最新記事】
posted by GS法人 at 23:08 | Comment(1) | 奄美大島
この記事へのコメント
えー! 話はこれからでしょう。 期待してますよ。
 
Posted by kane at 2014年01月15日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


最近の記事

カテゴリ
過去ログ


Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.