技術士さいたま

2013年12月31日

奄美大島(15)

131105_1241~001.jpg

そうこうしているうちに昼食の時間になり、またお母さんに食事の用意をしもらい大急ぎで支度をして、いざピチピチウジャウジャビーチへ出発だー!
近場には「ホノホシ海岸」があるが、ここは玉石(波で磨かれた丸い石)がゴロゴロし、波の度に石が擦れザーザー音がする有名な観光地だが、残念ながら海水浴場ではなく、当然ピチピチ水着ギャルがワンサカなスボットではない。 
 
で、サッサと見て、いよいよ目的地の海水浴場 「やどり浜!!!」へとレッツラGO〜である。 ここも近いので、シメシメもう到着だ。時間もちょうど午後一の一番良い時間ダ。

車を止めたらダッシュで砂浜へ!もう、借りたイケテル海パンは装着済みである! 肉体労働のバイトで、体は締まり腹筋はハッキリ6個に割れている、今で言うところの「シックスパック」である。
これで、ピチピチギャルの視線は釘付け間違い無しなのだ。
と、勇んで、走ってビーチ到着であるが、思いの外空いている。
というか、海水浴客が誰もいない? 嘘だろう。

ギャルどころか人影が全く無い。いるのは護岸工事をしているオジちゃん二人と頬かぶりをしたオバちゃん一人だけだ!
これではイケテル海パンも割れている腹筋も何の意味もない。
これならイケテル海パンどころか、海パンすら全然必要無い。
たとえマッパで泳いだって全然OKだ。
誰も見もしないのだ。
S也に聞くと、地元の人は(特にギャルは)日に焼けるのを嫌い、日が傾かないと泳がないと言う。それに場所柄、本土からの海水浴客もほとんど来ないとのこと。
うそだろー早く言ってよ〜(/_;)/~~

そういえばS也が、いやに気前良く直ぐに海パンを貸してくれたのだ。ギャルワンサカなら貸してくれるはずがないのである。
そういう男なのである。
また忘れていたが、ふと見ると可哀想に、T彦だって期待して気合いが入っている。 この日のために新調した「緑メタリックの小っちゃいビキニパンツ」着用だ!
やや紡錘形の体にマッチして?。分かりやすく言うと、脂の乗ったマグロが小っちゃなビキニパンツをはいて立っているようなのだ。 非常にインパクトは有るが、正直ちょっと暴力なのである。

我々の夢と希望は、一体どうしてくれるのだ〜! (^o^)/

  歳の締めくくりにこんな記事で申し訳ない気も致しますが、何卒ご容赦の程を。そして来年も宜しく、乞うご期待! m(_ _)m 覗きに来てくれた同級生諸君もサンキューであります!また元気で会いましょう。 是非とも「(一社)技術士さいたま」の活動にも興味を持って、調べて(知って)下さいね〜。 では、良いお年を!! by独楽助(携帯から)

【奄美大島の最新記事】
posted by GS法人 at 15:05 | Comment(3) | 奄美大島
この記事へのコメント
なんとなく浜の状況は予想していましたよ。マッハで走ったら水の上を歩けますね。 楽しい記事をありがとうございました。 来年も期待しています。
Posted by kane at 2013年12月31日 15:39
kaneさん 年の瀬までお付き合い頂き、大変有難うございました。m(__)m

で、「マッパ」です。
松の木の「マ」に、小っちゃい「ッ」に
パイナップルの「パ」です(笑)!

先日の打合せの現場の仕事が、年明けから有りますが、宜しくお願い致します!
Posted by 独楽助 at 2013年12月31日 15:58
失礼しました。マッパだと抵抗係数大で高速移動困難ですね。パイナップル重いですし。
Posted by kane at 2013年12月31日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


最近の記事

カテゴリ
過去ログ


Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.