技術士さいたま

2015年06月12日

光ディスクは消えるのか。

光ディスク

写真は、我が家にあったCD-R、MD。かつては主流でした。

太陽誘電が光記録メディア製品事業から撤退(YAHOO!JAPANニュース)という報を見て、あっと驚きました。

なんでも想像を超える市場縮小が理由だと。
円安で有利に運んでいるのではと相続していましたが、自分のことを考えても確かにディスクを使っていません。
時々CD-Rを焼いたり、ブルーレイディスクに録画したりしますが、使う量は極端に減っています。

10年くらい前は、音楽はCDプレーヤー、勉強にはMD(ミニディスク)と盛んに使っていたことを思い出します。 その後、音楽CDはMP3など電子ファイルになり、録画でさえハードディスクで間に合ってしまいます。
映画のDVDも買わなくなりました。

でも書籍の付録にはまだ使うのではと考えると、今では付属させること無くQRコードなどでネット上のサイトを紹介すれば事足ります。

ハードディスクでさえ、接続が面倒。 クラウドストレージが便利です。
しかも無料であります。
ここまでネットが使われるとは想像しませんでした。

決断は早いほうが良いのかもしれません。
そう考えると、今回の撤退ニュースは前向きに評価するべきなのでしょう。 次の事業を育てるためにも。

 

GS法人 Yazawa 
┌───────────────────── 
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 ) 
http://gs-ipanshadan.jp/

posted by GS法人 at 10:54 | Comment(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


最近の記事

カテゴリ
過去ログ


Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.