技術士さいたま

2015年03月26日

大塚家具のお家騒動? 公正なIRだと思います。

大塚家具の経営権争いは、面白いと感じます。
面白いというのは失礼な言い方なのですが、マスコミでも大きく取り上げられているわけですし、社会現象として捉えられているのだと思います。

経営権争いの特徴は、親子、女性社長、経営権拮抗、です。
どちらが正しいと単純に言えないところが、うーんとうならせます。

会員制維持か、一般化か。
自分もお台場に家具を見に行って、担当者が付くという選択には戸惑った経験があります。 しかし、ありがたく親切に感ずる人もいると思います。

明日3月27日が、株主総会ですね。
会長と社長は、20対20の議決権だと言われています。
残りの60%がどちらを支持するか。

どちらも正しいと信じているし、賛同者も迷うでしょう。
実際、正解を求めるのは無意味だと思います。
こういうときには相手のあら探しまでするのでしょうから、お互いに緊張し襟を正すでしょう。 経営がどちらになっても、結果が出るのは先のことです。 単なる内輪もめの醜聞ではなく、経営論の前向きな衝突です。
ちょうど、麦が踏まれて収穫が伸びるような作用が、会社組織にも当てはまれば良いと願います。

GS法人 Yazawa 
┌───────────────────── 
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 ) 
http://gs-ipanshadan.jp/
posted by GS法人 at 15:55 | Comment(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


最近の記事

カテゴリ
過去ログ


Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.