技術士さいたま

2015年01月28日

クロネコメール便廃止でどうしましょう。

新聞記事

2015.01.23読売新聞
クロネコメール便。 コンビニなどでも便利に使っていました。
それが廃止になるようです。

採算の問題ではなく、いわゆるコンプライアンスですね。
メール便で、禁止されている信書を送る人がいて、お客様及び弊社が書類送検される事案を発生させました。

信書の送達についてのお願い総務省によりますと、信書は総務大臣の許可を受けた信書便事業者に限って、その送達が認められております。

信書の取り扱いは、意外と厳しいと思っています。
以前は、レターパックで信書が送れませんでした。

電子証明書の申込書には、レターパックでは送られてきても、受け付けませんなどと書かれていました。 その時点では許可されていなかったためです。

純民間会社が信書扱いの許可を受けるには、全国的取り扱いとか、ポスト設置とかいろいろたいへんなことが予想されます。
しかし、民間会社の強みとして今後新たなサービスを考えることでしょう。

 

GS法人 Yazawa 
┌───────────────────── 
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 ) 
http://gs-ipanshadan.jp/
posted by GS法人 at 17:42 | Comment(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


最近の記事

カテゴリ
過去ログ


Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.