技術士さいたま

2014年12月25日

思わぬところで製造精度に気付かされます。

たばこスリム化やけど

読売新聞 2014.12.09記事より

最近は喫煙者が減ってきているようですが、着実な消費はあるようです。
その煙草の吸口のサイズを、8mmから7.9mmに変更していたそうです。

すると、その後フィルターから抜け落ちてやけどする人が6人もいたそうです。

フィルターはこんな感じでしょうか。

8mmから7.9mmへの変更で落ちるという事実に驚かされました。
なにしろ、金属の筒ではなく、やわらかい煙草の話ですから。
そんなに微妙なものなのかと。

プラスティックの内部に僅かな突起があって、それで押さえるだけで順分充分だと思いますし。
落ちるということは、フィルター会社は精度よく8mmに製造していたのでしょう。
たばこメーカーとしては、他社が作る付属品のことなど考慮する必要はないと思います。
ですが、外部フィルター製造会社としては、もと国営企業の製品なので、厳密に規格が守られていると考えたのでしょうね。
おもわぬところで外形変更(内容量減?)が露呈してしまいました。

posted by GS法人 at 16:23 | Comment(0) | 製品研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


最近の記事

カテゴリ
過去ログ


Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.