技術士さいたま

2015年09月22日

レールのつなぎ目は、なぜ木製の枕木を使うのか。

線路は続くから意味があるわけで、途中で切れていては困ります。
このブログが途中で切れたようになっていて、やはり良くない。
これでは目的地へ行けないかもしれない。
そういうわけでもありませんが、やはりブログというのは記事が増えて行かないとおもしろくありません。 LOG(日誌、記録)ですから。

線路の話をするのは、線路に関する素朴な疑問点を見つけたからです。 駅のホームで、線路(レール)の接続部(つなぎ目)を見ると、なぜか枕木が木製です。 なんらかの加工をしているのでしょうが、接続部以外はコンクリートです。

なぜ接続部(切れ目)だけが木質なのでしょうか。
つなぎ目は木製の枕木

なぜだかよく分かりません。
調べても納得の行く答えが得られません。

振動吸収? しかし、磨耗が増えそうです。
騒音防止? そこまで気を使うとは思えません。

それで、自分なりの答えは、単に部品が余っているとか、規格外だとか、整備の効率からではないかと思っています。 接続部だけ、押さえ部品の数が違うんですね。
この答えが正しいかどうかより、こういう違いに気付いて、なぜだろうと考えることが楽しいだけのことでした。

線路の接続部
上野駅で

GS法人 Yazawa 
┌───────────────────── 
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 ) 
http://gs-ipanshadan.jp/

2016.5
線路に継ぎ目(上野駅で)
上野駅で、最近枕木を新しくしています。
すると、線路の継ぎ目にも他と同じものを用いていることに気づきました。 常に変わっているんですね。

上野駅
上野駅5番ホーム

posted by GS法人 at 15:21 | Comment(0) | 線路は続くよどこまでも
過去の記事
カテゴリ
過去ログ
最近の記事



Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.