技術士さいたま

2015年01月28日

クロネコメール便廃止でどうしましょう。

新聞記事

2015.01.23読売新聞
クロネコメール便。 コンビニなどでも便利に使っていました。
それが廃止になるようです。

採算の問題ではなく、いわゆるコンプライアンスですね。
メール便で、禁止されている信書を送る人がいて、お客様及び弊社が書類送検される事案を発生させました。

信書の送達についてのお願い総務省によりますと、信書は総務大臣の許可を受けた信書便事業者に限って、その送達が認められております。

信書の取り扱いは、意外と厳しいと思っています。
以前は、レターパックで信書が送れませんでした。

電子証明書の申込書には、レターパックでは送られてきても、受け付けませんなどと書かれていました。 その時点では許可されていなかったためです。

純民間会社が信書扱いの許可を受けるには、全国的取り扱いとか、ポスト設置とかいろいろたいへんなことが予想されます。
しかし、民間会社の強みとして今後新たなサービスを考えることでしょう。

 

GS法人 Yazawa 
┌───────────────────── 
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 ) 
http://gs-ipanshadan.jp/
posted by GS法人 at 17:42 | Comment(0) | 情報

2015年01月13日

ハスラーが売れているそうです。これはスマカーですね。

国内車と聞くと、若者の車離れとかで販売は苦戦だろうという頭になります。 ところが、すごい売れ行きの車があるそうです。

それは、スズキの軽自動車ハスラー
軽といっても600cc 5ドア 低燃費 4WDもあり走行性能も良さそうです。

デザインも、実用性も良くて、経済性も良い。
しかもコンパクトで低価格ですから、これなら売れるのも納得です。

さらに、いわゆるバリエーションが豊富で、細かいアクセサリまで純正ですべて揃うようです。 ナビはもちろん、後席モニタ、衝突軽減機能、回生ブレーキなどなど。

開発段階で、楽しみながらワイワイ作ったという感じが伝わってきます。

クルマのスマホという感じもします。
この小さな機械で何でもできるぞ。 というお得感です。

SUV(Sport Utility Vehicle)スポーツ多目的車という呼び方がありますが、 Smart Utility Vehicleの方があっていると思います。
スマホならぬスマカーですね。

スマホの普及では、パソコン、デジカメ、ゲーム機等が売上を落としました。 スマカーでは、忘れていた車文化の復活・拡大・牽引・発掘になって周辺の売上が上がれば良いなと考えます。

ハスラービデオ説明
http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/
メーカーのサイト

カタログ

紙のようにめくって見られるカタログサイト

商標:HUSTLER Coupe ハスラークーペ 第5641091号、等

参考:「車離れ世代」が飛びついた 大ヒット軽自動車の秘密に迫る
YAHOO!JAPANニュース

GS法人 Yazawa 
┌───────────────────── 
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 ) 
http://gs-ipanshadan.jp/

posted by GS法人 at 11:46 | Comment(0) | 製品研究

2015年01月10日

ハイテクの道路標識かと思ったら。

昨日のこと。
皇居付近を歩いていたんですが、工事現場にさしかかりました。

すると、ドキっとしました。
道路にくっきりと文字が出ていたからです。
見たこともない、表現しづらい文字です。

えーなんだー?
道路に文字

周りは薄暗い時間帯でしたが、最初は光だと思いませんでした。

投影文字

まるで光るチョークで描いたようにクッキリしています。


投影機

よくよく見ると、投影された文字で、投影機が上にありました。
昔使った写真スライドのプロジェクターそのものですね。

頭では、そんなものはあるだろうなと思いつつも、実際に触れると驚きがありました。

しかし、この発想なかなかいいなと思いました。
文字も簡単に換えられるし、無理に点滅させる必要などないわけですし。 何より、よく見えます。
いわゆるローテクが、あたかも最新技術のように感じさせますし。

つまり、昔の技術でも使い方によっては効果的に使えるなという見本です。

 

GS法人 Yazawa 
┌───────────────────── 
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 ) 
http://gs-ipanshadan.jp/
posted by GS法人 at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品研究

2015年01月09日

今年は早々に日本回帰を感じます。

失われた20年という言葉。
いったい何が失われたのでしょう。

日本の景気の好調期からの衰退が「失われた」という言葉に象徴されるのでしょう。

でも、景気は波のようなものだと言われています。
下がった波は必ず上がってきます。
そして、下がる量が多ければ多いほど、大きな波が帰ってきます。
景気の波

google画像検索結果「景気の波」より。

などと精神論や経済論を言いたいわけではありません。

正月早々あのパナソニックが中国から撤退という報
パナソニック、中国生産から撤退し日本に回帰へ 「検討中だが未定」―中国メディア exciteニュース

ついに波が戻る時期が来た。
そんな印象を持ちました。

そして、先日のテレビ放送では、シャープがガラパゴス携帯にスマホ機能を持たせた製品の新機種の報
ガラケーでスマホなので、「ガラホ」だそうです。
2015年は「ガラホ」登場 キャリアが狙う一石三鳥
ガラパゴス諸島は、世界でもまれな貴重な動植物が生きるすばらしい島です。

「ガラパゴス」という言葉。 決して揶揄(やゆ)される言葉ではなく、素敵な響きのある価値ある言葉だと思います。
良い物が絶滅せずに残っている証だと思います。

海外でも日本の良さを知ったという報に多く触れます。
>google検索「海外 日本の良さ

舶来崇拝から日本再発見へ
上げる波に乗ってゆきたいものです。

GS法人 Yazawa 
┌───────────────────── 
一般社団法人 技術士さいたま ( GS法人 ) 
http://gs-ipanshadan.jp/
posted by GS法人 at 11:11 | Comment(0) | 情報
過去の記事
カテゴリ
過去ログ
最近の記事



Copyright © 2012-2015 Gijutsushi Saitama All Rights Reserved.